スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懊悩の日々

7月29日

諸々の不調の原因は首である、というような一応の診断が下って一ヶ月、腑に落ちないまま治療に通いつづけた。

しかも自費治療と保険治療の療法を合わせることが望ましいとの指示を全うすべく母親が治療費援助をしてくれる。この年にもなってまったく忸怩たる思いやら頭が下がる思いやら、まああれこれ複雑な感情が渦巻く。

しかし治療の効果が現れているのか、これがはっきりいってサッパリ実感されえない。当初は保険治療だけ、鍼灸8分、低周波10分というメニュー、に途中から2種類の低周波各10分という自費治療を加え、自費治療をはじめてやってみた後はなんとなく握力が少しばかり戻ったように感じられて、それまでぎゅっと握りしめることのできなかった手に少し力が入るようになったのだが、それ以降どんな些細な変化すらも感じとることができない。

最初から眉唾的な気持ちでいたわけだが、それでもしかし先方が治療法として提示してくれたものを全うせずに(治らないじゃないか!」という文句もつけられないわけで、眉唾だからこそ最後までやりぬいたうえで
「ほらみろ!効かないじゃないかバーカ!」
と言ってやることが望ましい。

そんなわけで1か月の治療後初の診察である。前回の先生はおしゃべりではあったものの、肝心の私の症状についてや治療についての説明に関してははいはいと流すような感じで、はなから先方が提示している「頚性なんちゃら症候群」ときめてかかり、こちらの質問に関しても「院長の書いた本を読みなさい」と歯牙にもかけない扱いだった。

なので二回目の診療は別の先生の日を選びいざとばかり乗り込んでみれば、説明のないまま脳MRIをとり、診察室に呼ばれて入ってみれば白髪頭の高齢医師は黙ってMRI画像を点検。

「梗塞も腫瘍もありません。」
はあ。まあそうだろうと思ってました。
さらにつきそいのナース的な人がじゃあ次は頚を見ますねというと先生がおもむろに首の後ろを押していく。どこをどう押されても痛い。痛いので痛いとしかいわない。

先生はそのままだまってカルテの首の図の上の痛いといった箇所にばってんをつけていく。そのまま「治療は続けてますか」と聞かれたのでよしきたとばかり胸をはって
「言われたとおり2日に一回自費と保険で通ってますが」と言う。

先生そのままだまってカルテの記入をつづけつつ改めて欠かされた問診票に目を通す。無言のまま。あれ、通ってますがの後私つづけたいんだけどな。なんか今喋っちゃいけないのかな。聞いてないのかな。何こいつ。
と思ってたらはい、と言われナース的なひとにではこちらです、と言われる。

ん?まだ他に何かあるの?検査?え?診察まさかあれで終わりじゃないよね?だってあの人と私一言しかしゃべってないよ??
と思いながらついていくと隣の部屋に案内され、次回は脳のMRAの検査をします。予約はいつにしますか?と聞かれる。
どうやら診察はあれで終わりらしい。信じられないことに。

さらになぜ脳のMRAの検査が必要なのかもわからない。どうやら当然のようにMRAがセットになっているものらしい。なんかその当然のように、というのがよくわからないままに悔しいという気持ちを喚起させる。

しかも1か月後とか意味がわからない。そもそも今日のMRIだって必要があったのか。もし必要があったのならなぜ前回その説明がなく、しかも診断をくだした後にとるのか。

治療院の低周波だって鍼灸だってそう。都内を中心に地方の大都市にも2,3個直轄のクリニックがあり、頚性なんちゃらと診断された人はそのどこかで治療を受けないとならない。

でもそこでする治療といえば低周波と鍼灸である。何なら他の整骨院とか整形外科とかでもできる処置である。もちろん低周波の中でも特別な機械なんです、というのなのかもしれないが、それにしたってもしこの頚せいなんちゃらというのが現代人に幅広く見られる様々な体調不良の原因である!として、それを治したい!と本を何冊も出して提唱し続けているのなら、こうした治療が他の医療機関なり何なりでもどこでも受けられるようにすべきじゃないのか。

という憤懣遣る方無い気持ちで私の脳が行き着く先は「金儲け」という一言である。助かった、という声が一杯ある、との触れ込みで、実際にそうなのかもしれないが、やっぱり私自身はどうしてもあれこれ納得が行かないし、穿った見方しかできない。

かといって自分自身の体調についても自分ではもうどうしようもなく、他のところにいけばいっったで「自律神経ですね」と言われて終わり、今のところ治そうという前向きなアクションとしてはこの頚治療だけが唯一提示されているものとなり、というように煩悶するばかり。

あの白髪頭の高齢医師(というかこのクリニックに所属する医師は全員某日本で一番入るのが難しい医学部出身のおえらいさんの高齢者ばかりである。だからそれを考えるとあの二人の医師の態度にも納得がいくような)とのほぼ無言の診察の後は妙な悔しさで一杯となり、次回の予約云々の話をしてきたナース的な人に次回の診察にあたり話のしやすい人はどの先生ですか、ときくと困った顔をされる。

とはいえ精一杯話し好きの先生という人を二人選んでくれたので、そのうちの一人で予約をとる。しかし果たして私の心はもう半分以上ここにはこれ以上来たくないと訴えている。しかし他のところにいけば「自律神経」以下繰り返しの煩悶。

でカッカした頭で家に帰ったらMRIの着替えで家の鍵を置き忘れたことに気がつくという踏んだり蹴ったりっぷり。手のしびれは取れないどころか最近足までしびれてきた。なにこれ悪化してるんじゃないの。


スポンサーサイト

首治療続く

7月3日

気がつけば7月。2014年という、自分の人生の中でたった一度しか巡ってこない年の上半期が終了した。そしてその上半期とはズルズルと続く得体のしれない不調の半年であった。

後悔をしようにも何を後悔すればいいのかもわからず、とりあえず怠け病かとの不安は色々な検査によって多少は払拭され、実際に具合が悪いのだということが証明されたので良かったのだけれども、だがしかし。

そんなわけで首治療に通って一週間。だいたい一日おきに保険治療で通うというペースで一度につき1500円の出費は確実に財布を圧迫する。しかもその場で保険適用ではなく後から申請するタイプなので、財布の逼迫具合といったらば。

治療のほどはよくわからないが、針はなかなかいい感じがする。ぐぐっと入り込んでくると一気に血の巡りが良くなるような。とはいえ2回に一回は治療後にくらくらがひどくなり起き上がれなかったりするのが苦痛ではある。

あとは自分でもハンディタイプのマッサージ器などを使って首肩耳の下あたりをひたすらぶいーんとやっているのだが、これのおかげで顎の開け閉めが少しだけ楽になってきた。問題の色々ある私の首は特に左側の前・後ろに大きなコリの塊があって、それが顎や神経を圧迫している(と自分で勝手に推測)。だからそれが少し楽になるだけでどうしても右にずれてしまう顎も正しい位置に戻るのだ。

胃も治りつつある。しかし昼夜を問わず突然ギューンと痛くなるので油断できない、と言いつつ油断して薬を飲み忘れて痛くなるというのを繰り返す。

「最低2ヶ月は治療を続けないといけない」、ということは、ギリギリ8月末にインドに行けるかどうかといったところ。この予定の不透明さはモンゴル行きから始まり、ラダック行きも引きずり、そして再びのラダック行きでも私に襲いかかってくる。すぱんと予定が決まらないというのはしかし、実は自分の人間性をそのまんま反映したものなのではなかろうか。いつでもずるずるぐずぐず、優柔不断。

そういえば幼いころしょっちゅう父に「早くお風呂に入りなさい」と怒られていた。「風呂にさっさと入れない奴はその他すべてもぐずぐずする」、とは風呂になかなか入ろうとしない私を見て同居人が発した一言。このものすごい説得力。

首治療とワカメちゃん

巷では刈り上げヘアが一部の流行り、許されたものにしか許されない最先端のおしゃれという風になっているが、それは許されたものにしか許されていないので、普通の人がするとどうにも不格好なものなのだ。といったらワカメちゃんに失礼。

そんなわけで首の治療に出向く。低周波治療をするのに、首の後ろの上の方、すでに頭と言ってもいい部分が一番効果的であるとのことで、髪の毛を刈ることが推奨される。これはあくまで推奨であって、強制ではない。

しかし1回3000円もする自費治療をしない私は、一回500円(しかも15分程度)の保険治療の効果を高めたい。たとえ体の不調の原因、この手足のしびれ脱力感と倦怠感とクラクラ等の全くもって煩わしいものたち、が首のせいではないかもしれない、ということがあるにしても。首は長年の悩みであったし、肩の肉離れ以降未だ残る肩甲骨のしびれなども解消されるかもしれない。

何より週に500円✕3,さらに新宿までの往復交通費をあわせた金額の元をとりたい。

そんなわけで推奨されるまま刈り上げに同意する署名をサラサラと。幸い私の髪はよく言えばボブ古臭く言えばおかっぱなので、うなじから上方に多少刈り上げたところで髪を上からかけてしまえば刈り上げた部分は見えない。

だから大丈夫ですよ!と親切そうなスタッフのお兄さんが一生懸命フォロー。いえそんなに気にされなくてもいいですよ、こっちはわりとむとんちゃくなので。

そんなわけで断髪式のごとく神妙な顔をしたスタッフが丁寧に髪をバリカンで刈り上げていく。かたや私は頭のなかで、あのジョリジョリ感が自分の頭で味わえることになるとは、と小学生の頃あの坊主頭の男の子たちの髪のジョリジョリ感を頼んで撫でさせてもらっていたフェチぶりをおもいかえしたりしている。

刈り上げが終わるといざ治療へ入る。最初は低周波、これまで整形外科や整骨院でかけてもらったりしていたが、ここのは小ぶりの丸い吸盤状のを複数首につけていく。しかもジェルつきなので密着感がしっかりあり、ピリピリがより強力に感じられるような。

何よりここに辿り着いた段階で相当疲弊していたのでベッドにうつ伏せに横たわること自体が気持ちが良い。ピリピリとエレクトリックを感じながらわずか数分の間に眠りの世界へ落ちかけるもすぐに終了時間がきてしまう。

そして今度は針と灸である。灸は肩甲骨の方にあててもらい、一気に体の血のめぐりがアップ。針はちょうど髪を刈り上げた部分。針を打つのは初めてだが、思ったよりも針を入れられる感覚がある。痛いと言ったら痛いけれども大した痛みではなく違和感程度である。

ところがこれらの治療によって立ち上がったらぐらりと揺れとてもすぐには動けそうもなく、具合が悪くなった旨を申請してちょっとだけ休む羽目になった。血流が良くなったことで具合が悪くなったのか。そういえばブロック注射の時もそんなんだったしな。

さて、当の私の頭は無残なワカメちゃんとなった。家に帰って写真をとって見てみたら、なんとも無残なワカメちゃん。それでもどうせ見えないところだし、何よりも手を首にあてるとたまらないジョリジョリ感があってこれはこれでいい。あと心なしか涼しいような。

首こり外来

6月24日火曜日

体調不良に陥ってから半年近くが過ぎ行こうとしている。日々時の流れの早さを憂うという姿勢が私の基本に組み込まれつつあるというのにもかかわらず、この半年はいつも以上の早さだった。
なぜなら中身がすっからかんのすっかすか、一切の充実というものがなかったから。

肩の肉離れ、胃潰瘍等診断がくだった明確な不調と、診断のつかない血圧の不安定とくらくら、立ちくらみ、脱力感、動悸、息切れ、突発的な倦怠感と眠気等々の不定愁訴、ちょっと調子がよくてもすぐに反動でぐったりして横になるというのを繰り返していたらいつの間にか半年。半年!

今頃は二度目のインド行きが終わりに差し掛かるころであったはずなのに、どうしてこんなことに?

と自分に問いかけてもそこに答えがないことはわかっているので、とりあえずは原因の究明にあたろうとあれこれ検査を受け、その結果だいぶ自律神経が犯人として絞られてはきた。だがしかし、結局その絞り方は消去法でしかなく、「甲状腺ではない」「心臓ではない」みたいな、さらに自律神経は具体的な不調の原因ではあっても、なぜ自律神経が狂ったのか、その原因はわからない。

そして一筋の光明が指したかのようなイメージを得る。ブロック注射をした時、首の刺激で具合が悪くなった。首と自律神経と関係があったりしないだろうか、もともと首のコリの酷さと、それと連動した左肩甲骨のズレと顎関節の歪みが指摘されていたし、もし首・肩云々とこの不調がつながるのなら、関係ないと思われていた肩の肉離れまですべて一直線でつながるじゃないか!

・・・と文明の利器ネットさんに訪ねてみると、ドンピシャの頚性なんちゃら症候群というのを見つけ出す。ようは首のコリがひどくなることで自律神経を始めとした様々な不調に至りますよというもの。

でその頚性なんちゃらを提唱したお偉い先生がクリニックを開いていて患者さん皆さんの感謝の声!だとか、学会で発表しました!だとか本を出しました!だとか外国からも患者さんが!だとか、まああれこれ宣伝されていたので、ものは試しと問診票をチェックしてみると30項目中26項目も当てはまる。

これはとりあえず行くだけ行ってみようと予約をとり、とうとう昨日クリニックの門を叩いた。もうこの段階で自分の中では全てに答えと解決策が出て、元気ハツラツと1か月後にはインドに旅立てるかのようなそんな心象を抱いて、という早合点。

検査は色々細かく、身長体重血圧から始まり、握力やフラつき、サーモグラフィ、レントゲンとMRIまでついてくる。そして先生の問診と診断である。

頚うんたら提唱者のお偉い院長せんせーの診察初回は20000円。それ以外のせんせーのは3000円。予約に基づく何とかでこの値段です、と張り紙。私はもちろん院長せんせーは無理である。無理に決まっているそんなもん。

この辺りで私のこのクリニックへあれこれ悶々モヤモヤしたものを抱き始める。
さらに診察にあたってくれたせんせーは、あまり人の話を聞かない人だった。もちろん私の症状も検査結果も頚性なんちゃらに著しく当てはまるものだったから、せんせーはここぞとばかり型通りのことを立て板に水的にペラペラしゃべる。

私はあれこれ質問したかったのだが、質問するとその質問がこちらの意図通りうまく伝わらないまま「こいつ何バカな事いってるんだ」的な答えで一蹴される。

私は首の筋肉の緊張が肩の筋肉の肉離れに関係しているのか聞きたかったのに、それを聞いた途端「肩の肉離れで手や首がしびれることはありません。それは全部首からです。」「肩の筋肉の肉離れが首の原因になるなんてことはありません」
で首の筋肉の緊張をあなどるな、それは全部こんな不調につながってるんだ、とHP上で理解した範囲のことを言ってくる。

でもそんな話はすでにわかっているから、もっと他のこと、たとえば具体的にどういう姿勢をとればいいのかとか、もともと首を前にずらし気味のとこに置く癖があってそれを治したいのだけれどもうまく治せない、とか、なんかそういうことを言おうとしても言い切る前に一蹴
「あなた院長の書いた本読みました?」
と。
「いえ読んでないです」
と言ったら
「読みなさい」
とのこと。どうやらこのクリニックを訪れるには予習が必要だったようです。学生時代決して予習ということをしたことのなかった自分には不得手な話です。

さらに治すにはどうしたものかということ、つまり今回のこのクリニック訪問とバカ高い検査台の見返りに話が及ぶと、結局姿勢を正すこととストレッチ、あとは低周波と鍼灸にかよってくださいと、あれなんかわざわざここに来なくてもよくない、近所の整骨院でよくない、というようなことを言われた。

しかも低周波や鍼灸もこのクリニックが運営するクリニックに通わねばならず、さらに保険治療と自費治療の2つを合わせることが推奨されるのだ。それを最低週3回。

保険適用の場合だと500円、自費だと3000円。これを2つとも週3回・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

治したいなら金をくれ!
うむ。

保険だけでもいいですけど、効果の程が・・・と。
うむ。

とはいえ今の私には他にできることもなく、とりあえず新宿のクリニックにします、と一回目の治療の予約(しかし保険治療のみで!は強調しておいた)をいれてすごすご。ものすごく期待してここならば!と意気込んできた割に、どうしようもない落胆感を抱えて帰る。

2、3か月治療のこと、とのことだが、それって私インドどうしようという話なわけで、とりあえず一ヶ月後にまた来てください脳のMRIを取ります、とか何とかでああ私どうなるのどうしようと落胆感に加えさらなる焦燥感と悶々感が募るのみ。

唯一良かったのは、サーモグラフィと瞳孔反応の検査でやっぱり自律神経の働きが悪いですね、というのがはっきりしたことくらいか。今までは消去法で自律神経が推測されていただけだっったので、ポジティブな検査の結果でそうなだと言われると少しはマシな気がする。

そして私の胃は徐々に回復傾向を見せていたので油断して薬を1週間位さぼっていたら、覿面痛みが一斉蜂起してひどい目にあった。自律神経の働きがおかしいということが証明された今となってはそれも自律神経のせいと言えるこの安心感。
安心なのかどうなのか。

ミーちゃんの腎臓

積極的に打って出る戦法ではなく、ネコ科の獣たちがよく取る待ちの戦法でねばった結果、とうとう採取することができたみーちゃんの尿。

飼い主が、――とこちらは思っているものの猫側でそういうふうに認識しているとは思えない、猫からしたら自分の子供とか親とか餌やり兼温め・マッサージマシーンとかと認定しているような、そして自分が「飼われている」とは思っていないんだろう、こうやってものすごく心配しておしっこまで取って必死の思い出病院まで自転車をこいでそのおしっこを届けに行く間、みーちゃんはのびのびとウッドデッキの上でくつろぐのであった。

かたやちょびはちょびで自分の一時の苦しさ(吐血した翌日はひどくおとなしく、眠っている様子もなく、なでても目をつぶらずにじっと目を見張っていた。そう話したら先生は「胃がむかむかしてたんでしょう」とのこと)も病院行きの苦行も忘れたかのように、外の風をそよそよと受けて気持ちよさそうにみーちゃんと並んで昼寝をする。

猫達に長生きはしてもらいたいが、この平安で穏やかな幸福な時間を奪いたくはない、だからもし悪い結果が出たとしても、できるだけ苦しまずに通常通りの生活ができるような方向に持って行きたいと思っていた。

いざ検査結果を聞く段になる。

先生はごくごく軽く
「なんともないですねー」
と言い放って終了。なんとあっけないことか。

水をがぶ飲みしたりトイレに行く前に鳴いたりするしで、ミーちゃんの方が悪いのかもしれないと思っていた私の予測は見事に裏切られた。
とはいえ多少は腎臓に来ているとのことなので、「ちょびちゃんと同じものを食べさせるのならそれで問題無いですよ」とのこと。

それにしてもやっぱりちゃん付け。みーちゃんはみーちゃんだから違和感ないのだけれども、先生も受付のスタッフの人も皆カルテをみながら「ちょびちゃん」「みーちゃん」というのだ。そのたびにこちらはおかしくなって笑いを噛み殺す。

しかも個体の呼び名をちゃん付け、だけでならいざ知らず、「わんちゃん」「ねこちゃん」と動物の種類にまで「ちゃん」をつけるのである(うさぎだったらうさちゃん、か。ハムスターとかだったらハムちゃんなのかな。インコだったらインちゃん?)
感じとしては「子供の手を離さないでください」を「お子さん」と言うようなものだろうか。
「お子さんは何ちゃん/君ですか」みたいな。

そのうちペットのオス・メスの呼称も言い換えるようになって、押すなら君づけをするようになったりするのだろうか。

そんなわけで一つ心配事が片付いたので心も軽く普通のキャットフードの3倍は軽くする腎臓病用のスペシャルな餌を買って帰る。高い。まったく高い。

お店で売っているような市販のキャットフードでも「腎臓に配慮した」と書いてあるのがありますが、そういうのはどうですか、と先生に聞いてみたら、データがないのでどれくらい効果があるかわかりません。ここでおいてあるのは学会とかにいってちゃんと効果があるとデータを入手したものです、ときっぱり。ご立派で。

プロフィール

Author:ニャムラ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。